2020-02-28

ロマサガRSでおすすめのキャラ&スタイル その3

祝! 2000万ダウンロード!!

ということで、2000万ダウンロードを記念してスプリングサーカスショーが開催中のロマサガRS。つい先日に1周年記念で大盤振る舞いだった気がしますが、またまた特典やキャンペーンが盛り沢山のボーナスタイムに突入してますね。

強力なSSスタイルも集まってきたことなので、おすすめのキャラ&スタイルの第3弾を紹介したいと思います。

第1弾と第2弾はそれぞれ以下の通り。

目次

  • バルテルミー(SSスタイル、捻じ曲げられた心にも)
  • ミリアム (SSスタイル、ここは全体魔法ね)
  • ローラ(SSスタイル、あーっ、うっとうしい)
  • ジュディ(SSスタイル、お父さん、お帰り!)
  • グレイ(SSスタイル、俺の邪魔はさせん)
  • 海の主の娘(SSスタイル、これは初夢ね)
  • ガラハド(SSスタイル、念願のアイスソード)
  • ビューネイ(SSスタイル、魔龍公の降臨)
  • 最後に

バルテルミー(SSスタイル、捻じ曲げられた心にも)

まず紹介するのはバルテルミー。序盤は敵で強い強いと恐れられていたにもかかわらず、いざ戦ってみると、そこまでではなかったという...ただし、味方になったらかなり使えるキャラでした。

バルテルミーは小剣と熱属性の魔法が使える設定ですが、熱属性の魔法を使った方が強いキャラで、術の「アドバンハンズ」は全体攻撃かつファスト、さらに覚醒することでBP9で発動できる上、所持アビリティの「強襲Ⅲ」で与えるダメージがアップするので、最初のラウンドで雑魚敵を一層するのに大活躍します。

アドバンハンズを放った後もBP4で繰り出すことができる全体攻撃術の「熱風」をオートバトルでは定期的に放ってくれるので、熱属性の弱点が多い敵とのバトルでは格段に有利にすすめることができます。

残念なのは、SSスタイル「捻じ曲げられた心にも」はイベントガチャ限定のスタイルなため、入手するにはもう一度該当のイベントガチャが開催される必要がある点で、今のところ常設ガチャに組み込まれる予定はなさそうです。

ミリアム (SSスタイル、ここは全体魔法ね)

炎系の魔法といえばやはりロマサガ1のミリアム。

バルテルミー(捻じ曲げられた心にも)の後のガチャで登場した新スタイル「ここは全体魔法ね」は、もちろんBP4で使える熱風を覚えてくれます。

さらにミリアムの場合、単体攻撃術の「やきつくす」が威力SSな上に気絶効果もあり、熱属性攻撃の与ダメージが上昇するアビリティ「火炎増幅Ⅱ」を所持しているので、熱属性が弱点のボス戦でも活躍することは間違いないありません。

所持術の「やきつくす」と「ファイアストーム」は覚醒すると同じBPでオートバトルでは「やきつくす」しか使ってくれなくなりますが、BPの変更がアプリのバージョンアップによって簡単になったので、出現する敵を考慮してBPを調整すると、オートバトルでも効率よく戦ってくれます。

ローラ(SSスタイル、あーっ、うっとうしい)

アプリのリリースから1年以上立ってようやく登場したアンリミテッド・サガからのSSスタイルであるローラもおすすめキャラの一人。

所持しているアビリティは「不屈の信念」「カウンター強化Ⅲ」「反攻回避Ⅱ」とカウンター重視なロールなため、活躍できるバトルが限られてしまうものの、直接攻撃を繰り出してくる敵に対して、陣形次第では無類の強さを発揮します。

また、アビリティ「不屈の信念」で攻撃を受けてもHP50パーセントで踏みとどまり(上限回数あり)、ダメージを受ける前が50パーセント以下であっても50パーセントになるため、場合によっては回復しているような状態になるので、実際のHPは最大で1.5倍といったことろ。かなりしぶとく、全滅しそうな時も最後まで立っていることが多いです。

ジュディ(SSスタイル、お父さん、お帰り!)

アンリミテッド・サガからもう一つ追加されたSSスタイルの「ジュディ」。

闇属性の魔法を行使し、覚醒することでBP8で使える「サイコノイズ」や、BP4で使える「ダイフライ」といった全体攻撃術を所持しているので、オートバトルの使い勝手はいいです。

ただし、ジュディはSSスタイルしか今のところなく、単体攻撃が一番強い「ダークフレア」しかないので、ボス戦での活躍はちょっと厳しいところ。

同じ闇属性の使い手でもサガ・フロンティア1のルージュはスタイル豊富で使える術も多く、敵にもよりますが、どちらかといえばルージュの方が扱いやすいですが、せっかくのアンリミテッド・サガのSSスタイルなので使ってあげたいですね。今後の伸びしろは高いと思います。

グレイ(SSスタイル、俺の邪魔はさせん)

グレイは人気が高く、それゆえにスタイルも豊富でしたが、どのスタイルにも全体攻撃系の技がなく、オートバトルでは使いずらい印象でした。その印象を拭ってくれたのが、新たに追加されたSSスタイル「俺の邪魔はさせん」です。

全体攻撃技は「払車剣」しかありませんが、覚醒することでBP9で使える「夜叉連閃」は3-5回の浮遊特効ランダム攻撃技で、雑魚敵を相手にしたオートバトルはもちろんのこと、マニュアル操作のボス戦でも活躍することができるスタイルになっています。

所持アビリティのテンションアップは「Ⅲ」に留まるものの、「闘志満々」でターン開始時に腕力が高い確率で上がり、さらにはラウンド開始時に威力が上がる「強襲Ⅲ」持ち。

これまでグレイは遠征要員でしたが、このスタイルを入手したことで一線に戻ってくることができました。

海の主の娘(SSスタイル、これは初夢ね)

意外と使えたのが、イベントガチャ専用の海の主の娘のSSスタイル「これは初夢ね」です。

イベントで入手できたSスタイル「畏れられる者」は回復術である「活力の水」を覚えますが、SSスタイルは覚えないので、回復術を継承するかどうかで役回りが変わりますし、アビリティに「託す希望Ⅱ」を持っているのでパーティ全体の回復役として機能させることもできます。

覚える術もよく、アクアバッシュは縦一列、豊穣の大波は敵全体のファスト術で、オートバトルでの使い勝手はいい方。ですが、こちらのスタイルの最大のウリはマニュアル操作でしか使用することができない専用術「水祭」を覚えることです。

「水祭」の効果は味方生存者全体の各種ステータスを上昇させ、さらに防御強化状態(効果3ターン)にしてくれます。付与後の与ダメージは通常時のおよそ1割ほどアップで、ついでに防御も強化してくれるとあって、ボス戦で大活躍してくれる術です。

ただし、味方のサポート術となるため、オートバトルでは使ってくれず、ランクを上昇させたい場合、マニュアル操作でポチポチと頑張るしかありません。また、イベントガチャ専用のスタイルなので、現在は入手することができない点も注意。

ガラハド(SSスタイル、念願のアイスソード)

アイスソードかガラハドか。悩みに悩んで獲得したのはガラハドのSSスタイル「念願のアイスソード」でした。

ガラハドを選んでしまったため、アイスソードを強奪した際のメリットは分かりませんが、代わりに得たこのガラハド、かなり使えます。

覚醒することでBP2で使える「冷たい風」、BP13で使える「冬の嵐」はどちらも冷属性の全体攻撃技で、所持アビリティにバトル開始時にBPを+2する「パワーチャージⅡ」を持っているため、オートバトルでは必ず2ターン目に威力Aのファスト技「冬の嵐」を使ってくれます。

重要なのは一番最初のターンで使うのではなく、必ず2ターン目で使ってくれる点で、2ラウンド目に雑魚敵がウジャウジャいるようなバトルでは使い勝手の良さがピカイチです。

ビューネイ(SSスタイル、魔龍公の降臨)

最後は2000万ダウンロード記念のガチャで手に入る、ロマサガ3の四魔貴族が一角「ビューネイ」。

ロマサガRSでは珍しい風属性魔法の使い手であるビューネイですが、属性に風はないため、術による攻撃はすべて「斬」タイプとなります。

嬉しいのは斬系統でBP4以下の全体攻撃術である「風切り」を覚えてくれる点で、こちらはなんと覚醒することでBP3で使うことができ、さらに素早さ低下のオプション付き。その分、威力は少々落ちますが、斬タイプのBP4以下で使える全体攻撃は貴重で、これまではアセルスのミラージュステップやアイシャ(湯もみ楽しい!)の茜舞くらいしかなく、どちらもイベントガチャでしか入手できませんでした。2000万ダウンロード記念ガチャのマドレーンの新スタイル「新たなる旋風」でも孤月がBP4で使える全体攻撃技となっているので、今回のガチャで斬タイプのテコ入れが実施されているような気がします。

ビューネイといえば術の「アースライザー」。SSスタイルはもちろんこちらの術も覚えてくれ、BP13で使えるファストタイプの全体攻撃術となっており、発動後、2ターンは防御強化状態になります。

所持アビリティは「幻影」「魔力胎動」「テンションアップⅣ」と、敵だったのに、どこか使いづらい印象があったロマサガ2の七英雄とは別格です。

最後に

ビューネイのSSスタイルと同ガチャで手に入るマドレーンやハリードの新スタイルもかなり使えそうなので、2000万ダウンロード記念はかなり力が入っています。

キャラが多く、コンスタントに各キャラの新スタイルが提供されるためか、まだまだ飽きていないので、今後の展開が楽しみです。

アニメ・コミック・ゲーム】関連記事