2019-01-15

ぼっち正月の正しい過ごし方

多くの人は年末年始に実家へ帰省していると思いますが、私のように時々長めの休日(無職とも言いますが...)を取ることができるなんちゃってフリーランサーな方は、交通費が高く混雑が酷い時期にわざわざ遠くまで帰る必要がありません。

なので、年末年始や正月は一人で過ごすことが多くなってくるのですが...

これは、そんなぼっちな正月の記録。

正月の過ごし方

正月といったら、やっぱり雑煮ですよね。

というわけで、飾ってあった鏡餅を食べやすい大きさに切り分けて

雑煮風にした鍋に投入。(鶏肉と白菜とニンジン、それにみつばが入っていれば雑煮と言っていいでしょう。多分)

出来上がったらお椀に盛り付けて完成。

もちろん美味しいです。雑煮(鍋)で失敗したことは一度もありません。

雑煮以外ではおせちが定番ですが、おせちは値段は高いし、一人用だと種類が少なく、なにより、一人でおせちを食べても、ちょっと悲しくなるだけなので、ぼっち正月には向いていません。

そんなわけで、食べたいものを食べていくのがぼっちスタイル。

今年は手巻き寿司や

余ったネタでマグロの漬け丼

さらには酒のつまみとしてのえいひれと、食べ忘れて年越し3日目に食べるそば。

もちろん食べてばかりではなく、ちゃんと神社へお参りにも行っています。

ですが、そこに食べ物があれば、やはり食べてしまうのは仕方のないところ。

腹が膨れたら、やるべきこともちゃんとやっておかないといけません。

ぼっち正月は本当に作業(ゲーム)が捗りますね。

一仕事したらお腹が空きましたw

もう食べてばかりですが仕方がありません。なんて言ったって正月ですからね!!

ちなみに酒は毎晩飲んでいましたw

そんな調子だったので、体重計に乗るのが怖くなるのは当然のこと。

正月明けに天気が晴れていたら、走るしかないでしょう。

とまあ、今年の正月は、だいたいこんな感じでした。

最後に

はてさて、みなさんはどんな素晴らしい正月を過ごしたのでしょうか。

家族と過ごす正月もいいですが、人込みが嫌いで休みに融通が利くなら、ぼっちで過ごす正月もありです。

最初はちょっと物足りない感じがしましたが、そこは慣れで、休みの日に家族に連れまわされてバタバタ過ごすくらいなら、一人でまったりゆったり、自分の好きなことをして過ごす正月も心身ともに癒されるので、おすすめです。

ちなみに私は、大変充実したいい正月になりました。やはり休みって言うのは休んでなんぼですね。

ではでは。今年も頑張っていきましょう。

ひとりごと】関連記事