2017-12-17

スマートフォン「HUAWEI P10 lite」を購入してみました

スマートフォンは来年夏くらいの機種変更を予定していましたが、Amazonのセールでかなり安くなっていたので、HUAWEIの「P10 lite」を衝動買いしてしまいました。

さすがはAmazonのサイバーマンデーセール。 今年は事前に買うつもりだったものも含めてかなりの額を出費してしまいました。

外箱、内容物

自宅に届いてすぐに中身を確認。

箱の中には、スマートフォン、クイックスタートガイド、イヤホン、充電器・ケーブル、ケース、SIM・SDカード着脱用のピン、が入っていました。

端末の起動

それまで使っていたのがP8liteで、SIMカードのサイズがMicro(P8lite)とNano(P10lite)で違っていたので、 モバイルデータ通信はできない状態でしたが、とりあえず起動して端末のセットアップだけはやっておきました。

ケース

今回は内容物に専用のケースが入っていることを知らずに、スマートフォンだからケースいるよね、って感じでついでに別途ケースを購入しました。

購入したのはこちら。

基本、スマートフォンに付属しているケースでいいと思いますが、付属のケースは弾力がなく、四隅の角でホールドしているだけで角以外の四辺は剥きだしの状態になっています。

手に持った時のサイズ幅が大きくなってほしくないといった場合はこの付属のケースがいいですが、落とした際の防御力はあまり高くない様に感じました。

今回購入したTPUケースは、安いわりに使い勝手がよく、 P8liteで同じようなものを使っていた時に端末を何度か地面に落としたりしてしまったのですが、それで壊れたりしたことはなかったので、 今回も同様のケースを着用したいと思います。

P10liteにTPUケースを装着。

P8liteのケースを取り外して購入したケースと一緒に並べてみたら、かなり変色していました。(左がP10lite、右がP8lite用のケース)

日常で使っているものだと徐々に変色するので、なかなか気づかないですね。

最後に

今週からNano SIMに切り替えて、メインのスマートフォンとして利用できるようになりましたが、 レビューやP8liteとの操作感の違いについては、色々と試した後に記事をあげようと思います。

軽く触ってみた感じ、なかなか使い勝手が良さそうです。

使って間もないですが、とりあえず一つ上げるなら指紋認証がめちゃくちゃ便利ってところでしょうか。

指紋認証自体は一つ前のモデル(P9lite)で実装されていましたが、 私は今回のP10 liteで指紋認証デビューになるので、その良さを今になってようやく体験中です。

また、動作も軽快でキーボードの入力が以前よりもスムーズなので、打ち間違いも少なく、 ストレスが軽減されているので、今のところ非常に満足しています。

スマートフォン・パソコン」の記事

最新のブログ記事