2020-03-05

仮にもフリーランスの端くれだったのでポートフォリオサイトを作成してみました

フリーランスといえばポートフォリオ。

私もフリーランスの端くれだったことを思い出したので、Vue.js、Vuetify、Firebaseといったものを利用してポートフォリオサイトを作ってみました。

ポートフォリオに載せられる作品がブログやサンプルサイトしかありませんが、そういったのは気にしたら負けです。

(2020年3月28日 更新)

目次

  • 作成したポートフォリオサイト
  • 作成(公開)するために利用したもの
  • 感想

作成したポートフォリオサイト

作成したポートフォリオサイトは以下のものです。

ST40PG - フリーランスWebエンジニア

作成(公開)するために利用したもの

サイトの公開は無料枠があるFirebaseのホスティングサービスを利用しています。

ベースはVuetifyで配布されているテーマから無料でよさげなものを選択し、画像や文章を差し替え、コンタクトフォームに関してはFirebaseのCloud Functionsを呼び出して、Gmailを使ってメールを送信するようにしました。

公開までに行った手順や設定については、以下の記事を参照してください。

Vuetify × Firebaseでポートフォリオサイトを無料で公開するまでにやったこと まとめ

感想

こういったサイトを作成すると『しっかりと頑張らなきゃいけないな』という意識が少なからず芽生えるので、だらけ気味の気分を正すにはいい方法です。

ひとりごと】関連記事