2017-01-06

Canvas上のイメージを画像ファイルとして保存する方法

Canvas上に描画したイメージを画像ファイルとして保存する方法についてです。

流れとしては、

  • CanvasからBase64データを取得
  • Base64データからBlobデータに変換
  • a要素を使ってファイルダウンロード

という感じになります。

コード

HTML


<div style="width:300px;height:250px;">
    <canvas id="myCanvas"></canvas>
</div>
<div>
    <button onclick="saveCanvas('png');">pngで保存</button>
    <button onclick="saveCanvas('jpeg');">jpegで保存</button>
</div>

JavaScript


// canvas上のイメージを保存
function saveCanvas(saveType){
    var imageType = "image/png";
    var fileName = "sample.png";
    if(saveType === "jpeg"){
        imageType = "image/jpeg";
        fileName = "sample.jpg";
    }
    var canvas = document.getElementById("myCanvas");
    // base64エンコードされたデータを取得 「data:image/png;base64,iVBORw0k~」
    var base64 = canvas.toDataURL(imageType);
    // base64データをblobに変換
    var blob = Base64toBlob(base64);
    // blobデータをa要素を使ってダウンロード
    saveBlob(blob, fileName);
}

// Base64データをBlobデータに変換
function Base64toBlob(base64)
{
    // カンマで分割して以下のようにデータを分ける
    // tmp[0] : データ形式(data:image/png;base64)
    // tmp[1] : base64データ(iVBORw0k~)
    var tmp = base64.split(',');
    // base64データの文字列をデコード
    var data = atob(tmp[1]);
    // tmp[0]の文字列(data:image/png;base64)からコンテンツタイプ(image/png)部分を取得
	var mime = tmp[0].split(':')[1].split(';')[0];
    //  1文字ごとにUTF-16コードを表す 0から65535 の整数を取得
	var buf = new Uint8Array(data.length);
	for (var i = 0; i < data.length; i++) {
        buf[i] = data.charCodeAt(i);
    }
    // blobデータを作成
	var blob = new Blob([buf], { type: mime });
    return blob;
}

// 画像のダウンロード
function saveBlob(blob, fileName)
{
    var url = (window.URL || window.webkitURL);
    // ダウンロード用のURL作成
    var dataUrl = url.createObjectURL(blob);
    // イベント作成
    var event = document.createEvent("MouseEvents");
    event.initMouseEvent("click", true, false, window, 0, 0, 0, 0, 0, false, false, false, false, 0, null);
    // a要素を作成
    var a = document.createElementNS("http://www.w3.org/1999/xhtml", "a");
    // ダウンロード用のURLセット
    a.href = dataUrl;
    // ファイル名セット
    a.download = fileName;
    // イベントの発火
    a.dispatchEvent(event);
}

動作確認

環境移行によって動作確認用のサンプルコードが動作しなくなったので、確認はこちら(旧サイト)からお願いします。

参考リンク

JavaScript」の記事

最新のプログラミング記事